So-net無料ブログ作成
検索選択

ノーベル賞 村上春樹 万年候補 [文化]

今年もノーベル賞受賞者の発表が行われ、5日(月)、6日(火)と
日本人受賞者の発表が行われ、生理医学賞に北里大学の名誉
教授大村智氏と物理賞に東大宇宙線研究所所長の梶田隆章氏が
続いた。
日本人受賞者の出足が好調だったことから、3日目の水曜日の
文学賞には予てから噂になっている世界的作家の村上春樹氏が
選ばれるのではないかとメディアの予想報道が盛り上がった。
文学賞受賞のオッズでは最低の8倍と1位となっていた。
しかし蓋をあけてみると今年も落ち、ベルラーシ共和国
(旧ソ連)スベトラーナ・アレクシェービーチ氏が選ばれた。
村上氏は2006年にフランツ・カフカ賞をアジア圏で初めて
受賞したことから最有力候補に挙げられてきた。
どうも年齢がまだ若いのではないかとの見方があった。大体
文学賞をもらう人は70歳代が圧倒的に多くまだその年齢に
達してないということである。
現在66歳の村上氏は5年もすれば資格が出来ることになりあわてる
ことはないようである。
しかし一部の見方では本質的に村上文学は世界40ケ国に翻訳され
読まれているが、キーワードとなる民族とか社会性、歴史観がない
ことや、文学としての芸術性に乏しいといわれている。
確かに小説は短文で訳文の感じがあり大衆的すぎるのではないか
との見方が出ている。
村上氏は英文学の大翻訳作家の顔も持ち、その文体も翻訳的な
感じがないでもない。
三島由紀夫とか阿部公房、川端康成などの伝統的な日本文学の
香りや読後の充実感がないということである。
ノーベル文学賞の選考基準も明確でなく憶測でモノをいって言って
いるわけで、もう少し時を待つしかない。



共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。