So-net無料ブログ作成

拓ける日焼け止め市場 [健康]

これから日差しが強くなり熱くなると日焼けが気になる。
とくに女性は紫外線による日焼けは肌の色が黒くなるだけで
なくシミ・シワ・ニキビなど肌がダメージを受けることが
心配になる。
化粧品の中でも日焼け止めは未開拓な分野が多くで、女性の
間での美意識の高まりやオゾン層の破壊による紫外線による
皮膚炎症やがんのおそれもあり、重大関心事である。
いまや夏の日焼けは健康美であるなどとは言っておれなく
なった。
いよいよ夏本番を控えて国内の化粧品各社が紫外線のカット
率を上げるなど、新技術を織り込んだ新商品を展開しており、
各社とも独自色を出して商品の多様化を図っている。
日焼け止めには具体的にどの程度紫外線から肌を守れるか
のSPFやPAなどの指標を設けて消費者の満足が得られる
ような数値を表示している。
最近の特長は、つけ心地が水に似たジェルタイプで肌に伸ばし
やすい点が好まれるようだ。最近は夏場に限らず日常的に使う
消費者が増えつつあり、また男性や子供の間でも利用者が
広がっている
化粧品市場は人口減で国内市場に停滞感があるが、日焼け止めは
これからも拡大が見込まれる貴重な市場と言えるようだ。
また高温多湿の同じような気候条件のあるアジアにも売り込みを
企図されているようである。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

PM2・5で花粉症悪化?…来年度から影響調査 [健康]

PM2・5は年初から春にかけて中国から飛来し、国内各地で濃度が高まることが
懸念されている。
花粉の飛散時期と重なることから、影響の有無を探り、対応策に生かす。
PM2・5は直径2・5マイクロ・メートル(マイクロは100万分の1)
以下の物質の総称。
直径30マイクロ・メートルのスギ花粉より小さい。
PM2・5が付着した花粉を吸い込むと、花粉症の症状が悪化する心配もある。
環境省は大気汚染の原因である微小粒子状物質(PM2・5)が花粉症に与える
影響について来年度から調査を行う。
花粉症の人は二重パンチを食らう訳で早急な対応策が必要だ。


景気良くてもよのなかは厳しい。豊富な副業情報が満載のサイトはこちらです。
http://catsdogs109.web.fc2.com/

共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。