So-net無料ブログ作成

高速道路の速度規制120キロへ [社会]

現在の高速道路の速度規制の100キロは、何と半世紀前の
1963年、国内で初めて開通した名神高速道路の時である。
その後道路はどんどん延伸、整備されより良くなった。
車道や路肩が広くなってカーブや勾配も少なくなり安全で走れる
つくりになっている。
一方、主体となる自動車自体も安全意識の高まりとともに
より安定感を増し車体のバランスも良くなり安全走行が
可能となっている。
警察庁の調査によれば、道路が120キロで走れるつくりに
なってる場所では、死傷事故が少くなっているといわれる。
実際のところ、高速道路では1800ッ以上の車では大半は
100-120キロで走っており、人間の安全感覚からみても
適正速度と言えるようだ。
効率面から考えても高速道路は早く走れるところに本来の
価値があるわけで高い高速料金を支払っている。
問題は高速道路で、高速で走る車とより低速の車が並行
して走っていて追い越しの際の接触による危険がある。
警察庁が規制速読度引き上げを予定しているのは岩手県
の東北道の花巻南IC0-盛岡南IC間と静岡県の新東名の
御殿場ICT-浜松いなさICT感をそれぞれ考えているようだ。
高速道路の実態から考えれば、とくに危険な個所は決め細かく
規制しあとはマックス120キロとして開放しても良いのでは
129と思はれる。
欧州では最近、130キロまで引き上げ通り、アウトバーンが
整備されているドイツでは制限を設けていない。事故は
どこまでも自己責任が徹底しているようだ。







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。