So-net無料ブログ作成
検索選択

黒い新幹線(GENBI SHINKANSEN) [社会]

JR東日本では黒い新幹線を走らせるという。
新幹線は開通当初から白を基調としてブルーとかグリーン
などの明るい色のラインを配したスマートな流線型と相場が
決まっている。
その後彼方此方で新幹線は延伸し開通したが、明るいスッキリ
した色調が主体でスピード感もある。
ところが今度走らせる黒い新幹線は、全体が黒色を基調として
車体の側面に大胆な現代アートが描かれた列車で別名
「GENBI SHINKANSEN(現美新幹線)」と呼称し
「走る美術館列車」ということである。
これは上越新幹線の一部区間、越後湯沢―新潟の約60分の
区間を4月29日から6月末まで土日祝日のみ運行する
不定期列車である。

外装のデザインは新潟県出身の写真家で映画監督の蛭川実花
さんが担当し、車内は「絵画」の松本尚さんと「立体」の荒神
明香さんといったアーチストが担当するという。
車両は秋田新幹線で使用していた6両編成を改造して走る美術館に
仕立て上げられたという。料金は特別にとらなくて通常の料金で
利用できるとのことである。
問題はどの程度利用されるかであるが、これを鑑賞しようとする
人はついでがあれば別だが、わざわざこの列車に乗り込まなくては
ならないから、時間と手間が掛り少し大変かなとも思う。
私もチャンスがあれば見たいが、関心と興味があっても利用でき
ない人は多いだろう。
今のところ不定期で区間や時期が限定だが、いずれJRは様子を
見て区間や時期を変えたりする可能性は出てこよう。
新幹線を利用した移動美術館の誕生はユニークな企画で快挙と
いえる。







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。