So-net無料ブログ作成
検索選択

旬の魚脂を測る [社会]

脂の乗った旬の魚は大変美味しい
噛んだ瞬間に熱い脂が口の中に広かりまさに美味しさの醍
醐味といえる。
とくに青魚の脂はDHAやEPAという重要な成分を含み血液を
ラサラにし、老化防止に役立ち、健康によいといわれる。
概して漁師まちの人は長寿が多い。
脂の測定は人の体脂肪の測定と同じ原理で、微量の電流を
流して魚の脂肪率を求める仕組みであり、美味しさの指標の
一つである脂の乗り具合を測る。食べる前から分かるので
魚の販売活動に有効であるはずである。
近頃はいちご、リンゴ、ブドウ、梨などの果物の糖度も
販売先で表示されるようになり、買う立場でも有難いことで
ある。
それと同じように予め消費者が魚の脂の乗り具合を知ることに
よって美味しさが分かれば、同時に販売する方も脂の乗り
具合で価格を段階的に付けることができる。
機器は長さ18センチ、幅4センチ、厚さ4センチほどの小型だが、
威力を発揮する。魚の背びれ近くに電極を軽く押しだしボタンを
押すだけで脂肪率が表示される。
今年2月に1台約14万円で売り出しところ300台以上売れたと
のことである。
ただ今はまだアジ、イワシ、サバ、サンマ、ブリなど青魚が
主体であり、今後対象を広げられていくようである。
魚市場でのベテランや一流料理人は長年の経験と勘で機器に
頼らずとも脂の乗り具合を判定できるが、一般にはわからない。
機器が普及すれば、今の果物の糖度のように誰でも手軽に
知ることが魚の美味しい料理に一段と弾みがつこう。



共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。