So-net無料ブログ作成

新築に関する意識調査 [経済]

11月28日内閣府の「住生活に関する世論調査」が発表された。
今年10月に20歳以上の3千人を対象に調査が行なわれ1736人
(回収率57.9%)から回答を得たものである。
その結果を要約すれば「新築マイホーム人気にかげり? 買うなら
中古が3倍に増えた」ということになる。
しかし子細にみると新築住宅を所有したいという希望者は73%で
10年前の調査と比べ確かに9.2ポイント減少しているものの、
まだ7割以上であり依然として多いといえるのではないか。
かつてのように右肩上がりの経済でなく、年収も微増の時代に
なって、負担が増えることを避けたいという気持ちは理解できよう。
新築の家は間取りやデザインが自由に選べて、一新した気分になり
爽快である。
最近関心が高まっている地震やエコに関しても耐震性や断熱性に
ついても対応ができる。
一方、家を買うにしても中古で良いという人が9.9%あり、
10年前と比べ6.1ポイント上がり、3倍近く増えた。
これは誰でも新築を望むところであるが、あえて中古でも良いと
する理由は手頃の値段でいうことであろう。
しかも30代は子供の教育や親の介護の問題もあり、高額の住宅
ローンを抱えることは大変であるという思いがある。
中古を買うにしてもリフォームを考えている人は75%もおり、
間取りや広さ日当たり、採光など自分の好みを入れ新築並みに家に
にしたいとしている。
ただ中古住宅を購入するにしても流通市場がまだ整備されていず、
これからの課題といえる。


共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。